細胞を活性化

比較!注射摂取と経口摂取

プラセンタは美容や健康に良いということで、その利用が広がっています。
プラセンタの利用のためにはいくつかの方法があり、代表的なものですと注射やサプリメントなどがあります。

注射もサプリメントもプラセンタを体内に取り入れるという点では同じなのですが、より効果が高く顕著に違いを感じられるのは注射と言われています。

しかし、注射の場合には病院に通って定期的に打ってもらわなければいけませんので、その手間がかかってしまいます。
しかも、肝機能障害と更年期障害以外のケースでは保険が適用されませんので、費用負担もかなりのものになってしまいます。
こういった点はプラセンタ注射のマイナス点ではないでしょうか。
実際に通い始めた方の場合でも、面倒なことと費用がかさむことのために、徐々にやめてしまうというケースが多いようです。
プラセンタ注射にかかる料金はこちらを参考にしてください。

一方サプリメントですが、こちらは注射と比較すると違いを実感するまでの経過は非常に緩やかであるといえるでしょう。
その反面、毎日自宅ですぐに飲むことができますし、費用としてもプラセンタ注射と比較すれば安くすみます。
プラセンタは結局継続しなければ効果を実感していくことはできませんから、継続性という点ではサプリメントはとても優れていると言えるでしょう。

ただし、注意が必要なのは、サプリメントの品質という点です。
プラセンタは原料となる胎盤がどこでどのように飼育された動物なのかということによって品質に違いが出てきてしまいます。

ですから、美容や健康に良いものを取り入れたいと考えると、動物の飼育環境ということまでしっかりと考えていかなければいけないのです。

また、注射であれサプリメントであれ、プラセンタの副作用ということはほとんど問題無いといって良いでしょう。
稀にアレルギー反応のような感じで赤みやかゆみの出る方というのもいるそうですが、そうしたごくごく少数のケースをのぞけば、特別問題は無く安心して利用できるようです。