細胞を活性化

プラセンタの成分とは

プラセンタに含まれている代表的な成分としては、タンパク質・ミネラル・活性ペプチド・アミノ酸・酵素・脂質・糖質・脂肪酸・核酸抗生物質・ビタミン・ムコ多糖体・成長因子などです。
全ての成分を数え上げると、なんと5000種以上の成分が含まれているということです。
こうしたプラセンタには、私たちの体に必要な栄養や健康的で美しくいるために必須の成分が充分に含まれています。

プラセンタは胎盤から抽出されたものです。
胎盤は赤ちゃんを成長させるために必須の栄養や成分を充分に持っていなければいけませんから、プラセンタにも当然そうした成分がぎっしりと詰まっているということなのでしょう。

プラセンタが美肌に良いと言われている理由として、まず細胞の活性化をしてくれるということがあげられます。
細胞は活性化されるとターンオーバーもしっかりとするようになりますし、そうすることで、ダメージを受けた古い細胞を素早く排出してきれいな新しい細胞に生まれ変わらせることが可能になります。

また、活性化された細胞に充分な栄養がたっぷりと行き渡るというのも、プラセンタが美肌に良い理由です。
ただ活性化して終わりというだけでなく、美肌に必須のアミノ酸やビタミン・ミネラルなどを含んでいることで、より良い状態を作り出してくれるというわけです。

そんなプラセンタの中でも特に注目したいのは、やはり成長因子と呼ばれる成分ではないでしょうか。
この成分はプラセンタならではのものと言えます。

成長因子は自分の体内で自然と合成されているものですが、年齢と共にどうしてもその数は減少していってしまいます。
結果、お肌の調子が優れないとか体の調子がいまいち悪いといった老化現象につながっていくわけです。

成長因子の中にも色々な種類のものがあり、コラーゲンなどを増やす繊維芽細胞増殖因子、皮膚の上皮細胞を増やす上皮細胞増殖因子、肝細胞を増やす肝細胞増殖因子などがそうです。
そのため、プラセンタは美容の分野だけでなく医療分野でも積極的に利用されてきています。
プラセンタ注射と点滴の目的について詳しく書いてあるサイトがありますのでご覧ください。