細胞を活性化

豚プラセンタとは?

豚プラセンタというのは、簡単に言ってしまえば豚の胎盤を原料としたプラセンタということができます。
現在、国内で流通しているプラセンタのほとんどが豚プラセンタであるといわれています。

プラセンタが出始めの頃はヒトプラセンタや牛プラセンタなどが主流でしたが、流通量が増えるに従って供給量が間に合わなくなってしまったことや、狂牛病の問題などが発生したことにより、現在では豚プラセンタが世間では主流になっています。

そんな豚プラセンタですが、効果的にはどうなのかというと、特別他のプラセンタに劣るということはないようです。

ただし、選ぶ際にはしっかりと国産の信頼のおけるものを選ぶということがやはり大切です。

それはなぜかというと、豚の飼育の仕方に関係します。
豚はたくさんの頭数をまとめて飼育しますが、その環境下では感染症などにかかってしまいやすいため、管理をしやすいように抗生物質が与えられることが普通です。

このように抗生物質を与えられて育てられた豚の胎盤から得られるプラセンタは、果たして良いものと言えるでしょうか?
こうした疑問が出てきますので、プラセンタの商品比較をする際には、その原材料がどこの豚なのかというのがはっきりとしているものを選ぶことが重要です。

日本国内の豚であれば、SPF豚と呼ばれる豚の胎盤を使っているものは非常に高品質と言えます。
抗生物質を与えずに育てられた豚で、しかも管理の状態も徹底しているからです。
そのため、通常の豚プラセンタと比較すると、SPF豚由来のプラセンタはとても効果が高いという結果も出ているそうです。

同じ豚プラセンタであっても、どこの豚を使っているのかということによって、できるプラセンタの品質には違いが出てきます。
より上質なプラセンタを利用するために大切なことは、原料がどこの豚であるかきちんと分かっている製品を選ぶことです。
上質なプラセンタを選べば、健康にも美容にも非常に役立ってくれるでしょう。
プラセンタサプリメントの選び方はこちらに載っています。