細胞を活性化

プラセンタのギモン

プラセンタは美容や健康に良いということは分かりますが、ではそもそもプラセンタとは何なのでしょうか?

プラセンタは和訳すれば、「胎盤」という意味をあらわしています。
ですからその名の通り、動物の胎盤より抽出された成分です。

日本国内で流通しているプラセンタの場合、そのほとんどは豚の胎盤より抽出された豚プラセンタですが、その他にも馬プラセンタ・羊プラセンタなどがあり、医療用には人プラセンタも利用されています。

色々な商品を見ていると中には植物性プラセンタや海洋性プラセンタというものもあるのですが、それらは本来のプラセンタとは少し違ってきます。

といいますのも、プラセンタに特有の成分として成長因子というものがあるのですが、植物性プラセンタや海洋性プラセンタにはそれが含まれていないからです。
もちろん植物性や海洋性のものにも豊富なアミノ酸などの栄養成分は含まれているのですが、成長因子による細胞の活性化といったことは期待できない、ということになります。

また、動物性のプラセンタであっても、その品質は動物の育てられた環境やエサなどによって大きく左右されることが分かっています。
そのため、できる限り良い環境とエサで育てられた動物のプラセンタを選ぶということがとても大切なことになってきます。

プラセンタを使い始める時には、その副作用ということも気がかりになってきますよね。
プラセンタの副作用については、現在のところ大きなものは特別無いそうです。
そのため、サプリメントでも化粧品でも使い方などを守っていれば特別問題が起こるということは無いでしょう。

しかし、稀にアレルギー反応のように赤みやかゆみが出る方もいるようですから、アレルギー体質の方などの場合には事前にパッチテストを行うなど気をつけた方が良いかもしれません。

プラセンタは医療の現場でも美容の点でも幅広く利用されています。
肝機能障害や更年期障害・アトピー・歯周病などにも効果があるというふうに言われていますし、細胞の活性化をしてくれることからアンチエイジングにも効果的と考えられています。